駒込の民泊型ホテル

3691+

©Kai Nakamura

3681

©Kai Nakamura

3783

©Kai Nakamura

3834

©Kai Nakamura

3912

©Kai Nakamura

3738

©Kai Nakamura

3714+

©Kai Nakamura

 

建築用途:ホテル・旅館

工事期間:2016年11月-2017年8月

主体構造:RC造

階数:地上5階

主要仕上材:コンクリート打ち放し

建築面積:54.90

延床面積:170.25㎡(施工床 236.02㎡)

建設地:東京都

東京には、昔ながらの個人商店が活気を持つ商店街が残っている。
下町の暮らしが息づくその一角に建つ、民泊サービス型のホテルである。

まず、ホテルのファサードは鉄骨で軽やかに作られ、
そのスペースは宿泊客と街の人々が交流できる空間となっている。
個人商店は通りに商品の台を置き、閉店時には店の中へその台はしまわれるといった、
伸び縮みする仮設の店舗を持っているが、ファサードもまた使われ方により、
催し物、祭り、屋台など、何通りもの役割を持つ仮設空間となる。
宿泊スペースは、薄肉ラーメン構造により、壁のない広いワンルームを可能とした。
内部のプランは、伝統的古民家の良さを取り入れ、まず、
入口からたたきの床(土間)が外部から内部まで続き、
テラス・キッチン・ダイニングがゆるやかにつながっている。
また、奥には畳の小上がりがあり、寝室とリビングを兼ねる。
日本の文化や下町の暮らしを丸ごと体験できる宿泊スペースとなっている。