犬島 古民家ワークショップ

fullsizerender6

img_8847 r0034945 r0034951 r0034969 r0034973 %e3%83%9f%e3%82%b7%e3%83%b3%e5%b7%a5%e5%a0%b4_%e5%a4%96%e8%a6%b32 r0034952 20161023165455_pimg_4578

 

瀬戸内海の犬島で、古民家の改修ワークショップを行いました。
10/21-23の日程で、参加者は、ミラノ工科大学、慶應大学、お茶の水女子大学、
法政大学、京都精華大学の学生と社会人ボランティアの30名です。
現在、島の人口は47名。建築家の妹島和世さんが展開する「家」プロジェクトの
7つのギャラリーが完成し、巨大なオブジェや花に囲まれたアクリルの家などがあります。
「瀬戸内国際芸術祭」の期間中は、1日500人以上の観光客が来ますが、
島には2~3時間滞在するのみで、島の人々との交流はほとんどありません。

島民と来島者が共に集う場所を作ろうと、かつて島の女性たちの交流の場であった
「ミシン工場」を再生することになりました。
妹島さんの監修の下、島民の避難所にも使えるような場所を目指しています。
今回のワークショップでは、天井落とし、土壁落とし、裏の排水路の清掃と石並べ、
仮設の展示用パネルと床パネルの設置、展示台製作を行いました。

今後一ヶ月間は、「ミシン工場」を展示場所として公開します。
<「ミシン工場」公開予定>
公開日:2016/10/26(水)~11/28(月) ※火曜日休館
開館時間:10:00~16:30
場所:「家」プロジェクトA邸と中の谷東屋の間の「ミシン工場」

お近くにお越しの方は、ぜひお立ち寄りください。

 

*また今後の改修ワークショップに参加をご希望の方は、お知らせください。
ワークショップの予定が決まり次第、お知らせを先行してお届けいたします。

お問い合わせ先:info@yokotakaike.com